転職活動は準備で差がつく!転職エージェントには登録しておくべき?

私は現在、27歳で社会人5年目の女です。

 

私が転職活動をしていたのは今から3年前の社会人2年目の時でした。もともと新卒で教育業界で事務職をしていました。新卒時から事務の仕事に就きたくて希望の仕事に就けたと最初は思いました。

 

しかし、職種よりも業界柄休みが不定期で、かつ配属先は休日出勤もよくありました。そして繁忙期は毎日終電で帰る日々で体調管理も厳しくなりだしました。また、仕事量の割に給与が安いこともあり、転職をその時に決意をしました。これだけ忙しいので計画的に転職活動をしたいと、休みの日をつかって準備を進めていきました。

 

まず、自分の強みを洗い出して、希望を再度考えました。

 

不満から私は休みがしっかりとれる職場で働きたいということが第一条件でした。今後結婚を考えていた頃なので女性らしく働ける環境を探していました。

 

まず、転職エージェントに登録をして求人に応募をしたり、面接対策をしたり使えるツールはどんどん使っていきました。もちろん、自分でハローワークにもいきました。

 

働きながらの転職活動は労力がとてもいるので、エージェントの力はかなり強かったです。そして、私は約3ヶ月の転職活動を経て今は商社で経理事務をしております。

 

働きながらなので面接にいける回数も限られますが、約10社ほど応募してようやく内定がもらえました。
若さと資格が強みとなり、無事に希望の企業で働くことができましたが、それまで休みの日は準備で必死でした。

 

転職活動をするなら、少しでも早く準備にとりかかり、ある程度時間がかかることを想定した上で進めていくことをお勧めします。

 

また、必ず一社はエージェントに登録しておいたほうが良いなと経験上感じました。

転職を繰り返さないために

私が今まで転職活動を行ってきて思ったことは、転職活動を始めてから3ヶ月程度経たないと、納得のいく仕事が見つからないということです。とは言え、その間は無職で無収入のままでいるわけにもいかない場合は、繋ぎのアルバイトなどが必要になります。

 

私の場合は退職をする時に次の仕事が決まっていないことが多いですし、仕事が忙しすぎて転職活動もできません。そのためどうしても退職後から転職活動を始めることが多いので、退職後の当面の収入を考えて退職するようにしています。

 

正規雇用の場合はボーナスを貰ってから辞めることが多かったです。また、退職金もある一定以上の年数を働かないと出ないので、それまでは辞めないようにしました。

 

そのため、たいてい会社を辞める時は、退職金とボーナスの両方が出るので、それを次の仕事が決まるまでの資金に充てていました。

 

しかし、毎回ボーナスが出るわけではなく、場合によってはボーナスがない会社もありました。年齢を重ねるとともに、転職も難しくなっていきます。特に私の場合は途中で職種を変更したので、なおさら転職が難しくなってしまいました。転職活動はお金の面だけではなく、精神的にも大変です。

 

さらに長期に渡ってくると、ストレスもかなり増えてしまいます。そこをどう乗り越えて、次のチャンスに繋げていくかが重要だと思います。

 

転職活動を通じて、やはりできるだけ転職の回数は少ない方が良いと思いました。
出来るだけ転職をしないためにも、少し時間はかかっても、続けられる仕事を見つけていくことが大事だと思います。

やや遠目の地域の求人から数件

私は福祉系の学校を卒業した後に、新卒で福祉施設に勤めました。その会社で4年間働きましたが、転職を決意しました。その理由は会社への不信感が募っていたことです。具体的には人事に対してと経営方針に対しての不満や不信感になります。そのようなことが原因で転職を決意し、転職活動を開始しました。

 

まずは、ハローワークで情報収集をおこないました。転職先も福祉施設を希望しておりましたので、どのような施設、どのような会社が求人を出しているのかを確認しました。その際に意識したことはその時(転職前)に働いていた職場からやや遠目の求人を確認することです。転職を決意した理由からして、転職前に働いていた職場から近い求人だとその時に関わっていた人とまた仕事での関わりができてしまう可能性がありそれが嫌だったからです。(福祉系の仕事は制度上、他施設との関わりが必ず出てしまいます。)

 

そうしたことから私は転職前の職場からやや遠目の地域の求人から数件を候補としました。次にすぐに窓口に相談するのではなく、自分の友人や知人にその数件の候補となった施設の評判を確認しました。直接の知り合いだけでなく、知り合いの知り合い位まで範囲を広げ、実際にそこに勤めている人、勤めたことがある人などに評判を確認しました。

 

それを踏まえて自分の中で候補をひとつに絞ってからハローワークの窓口に向かいました。面接までこぎつけ、候補もそこだけに絞っていたためその場ですぐに採用が決まりました。

 

候補をひとつにして面接に向かったため自分の中でのそこしかないんがという決意と熱意を強くもてたように思います。そして、それも感じ取ってくれたことが即採用に繋がったのではないかと思います。

 

転職活動というと複数の候補を同時進行で進めがちですが、このような方法もあるという一例としていただければと思います。